【OUT-アウト】漫画ネタバレ|喧嘩強さランキングTOP16🤔!登場人物を紹介

『OUT』17巻表紙 OUT
『OUT』17巻から引用

大人気不良漫画『OUT』の喧嘩最強の男はいったい誰でしょうか?

累計発行部数250万部を超えるヤングチャンピオン連載中の人気作品です。

 

漫画『OUT』の大好きな筆者が独自に喧嘩の強さランキングTOP16を作成しました!

よしま@
よしま@

この記事を読むことで漫画『OUT』を100倍楽しめること間違いなしです!

 

🚩FODプレミアム”で今なら『1ヶ月間無料お試しキャンペーン』実施中!期間中に最大1,540ポイント(1,663円分)もらえて無料で漫画が読めます。
fod-premium-free

~登録は簡単1分、解約いつでもOK~

 

🚩U-NEXT”で今なら『31日間無料お試しキャンペーン』に登録するとその場で600ポイント(600円分)がもらえます。今すぐ無料で「OUT」を読めます。


~登録は簡単3分、解約いつでもOK~

 

お試し期間内に解約すれば課金されることはありませんので、ぜひこの機会に一度お試し下さい。

2つのサービスを比較したい方は詳細をこちらの記事でまとめています。

 

漫画【OUT】の魅力やあらすじは別記事でまとめています。

 

漫画『OUT』とは?基本情報

漫画『OUT』は井口達也の実話を元にしたノンフィクションのアウトローストーリーです。

コミックタイトルOUT
原作者井口達也
コミック作者みずたまこと
出版社秋田書店
連載誌ヤングチャンピオン・コミックス
主人公井口達也
連載開始2012~
舞台西千葉
ジャンル不良ヤンキー漫画、アウトロー

 

バトル・アウトロー系の漫画が好きな方はこちらの記事もオススメです。

 

漫画『OUT』のあらすじ

『OUT』は、人気不良漫画『ドロップ』や『チキン』のその後の物語。

地元狛江では狂犬と恐れられた井口達也17歳、約半年間の少年院生活を終え西千葉で保護委託中となった。

 

そこでキリヒト(斬人)の副総長、安倍要と意気投合する。

井口達也と安倍要

『OUT』1巻から引用

この出会いがきっかけで、族である「キリヒト(斬人)」中心の抗争にまきこまれていく。

喧嘩や仲間との超刺激的な熱い更生生活が今始まる。

>>『OUT』1巻を無料で読みたい方はこちら

 

OUTキャラクター強さランキング16!最強のキャラは?!

主人公の井口達也や、総長の丹沢敦司は何位にランキングされているのでしょうか?

よしま@
よしま@

あくまで筆者独自のランキングで、予想になります!

 

喧嘩自慢達の強さをわかりやすいように、
3つのポイントで評価!

①攻撃力・暴力性
攻撃の破壊力・キレた時のヤバさ
②喧嘩の巧さ、技術力
喧嘩の狡猾さ、武器扱いの巧さ、武術の練達度
③防御力・タフさ
デフェンス力、打たれ強さ
を1~5つで評価

 

第16位 春川剣一郎【爆神蜘】(ハルケン)

春川剣一郎 ハルケン

『OUT』8巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 
防御力・タフさ   

爆神蜘の総長として登場。

通称ワンパンのハルケンで、西千葉で知らない者はいない強者。

シメた相手の生詰をコレクションするという収集癖がある異常者です。

 

狂乱鬼との抗争の代表戦最後に登場するが、ニカクに一発であっさり気を失い敗北

その後も続けて、狂乱鬼総長 弦巻良樹とキリヒトの武藤将吾にも負けて3連敗。

 

よしま@
よしま@

ハルケンは噛ませ犬的なキャラクターです。

■喧嘩対戦成績
敗北:ニカク(単行本8巻)
敗北:弦巻良樹(単行本9巻)
敗北:武藤将吾(単行本11巻)

>>【無料読みできる方法】まで読み飛ばす

 

第15位 武藤将吾【キリヒト】

武藤将吾

『OUT』11巻から引用

攻撃力・暴力性   
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★
防御力・タフさ   

キリヒトのメンバーで、副組長である安倍要の側近。

総合格闘技を習っていて、技術力が高いです。

 

ゲバラ3兄弟三男の下原賢三に囲まれた際(単行本4巻)、素晴らしい立ち回りを見せています。

しかしその後、下原賢三に向かうが一瞬で左腕を折られ敗北しています。

 

狂乱鬼との抗争では、ハルケンを三角締めからの逆十字という巧さで、見事大金星!

■喧嘩対戦成績
敗北:下原賢三(単行本4巻)
勝利:ハルケン(単行本11巻)

 

第14位 橋本健信【斬人】

斬人特攻隊No3の橋本健信

漫画『OUT』17巻より引用

攻撃力・暴力性   ★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★
防御力・タフさ   

 

単行本17巻で活躍したのが、斬人特攻隊No3の橋本健信です。

通称イカレた占い小僧です。

弱いものイジメが大好きで歪んだ性格の持ち主ですが、喧嘩の腕や統率力を持っています。

 

狂乱鬼の桐野剛に圧勝しますが、その後登場したフーリンに敗北してしまいます。

バットもナイフも器用に使って戦います。

■喧嘩対戦成績
勝利
:桐野剛(狂乱鬼)(単行本17巻)
敗北:風間美玲(フーリン)(単行本17巻)

>>『OUT』17巻を無料で読みたい方はこちら

 

第13位 下原賢三【爆羅漢】(ゲバラ3兄弟三男)

下原賢三 ゲバラ3兄弟三男

『OUT』4巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★
防御力・タフさ   ★★

ゲバラ3兄弟三男として、キリヒトとの抗争の一番手で、井口達也と壮絶な戦いを見せるも敗北。

詳しくは別記事で書いています。

 

爆羅漢解散後は“名無死”というチームを結成。

金がもらえれば何でもするアウトロー専門の何でも屋の頭をやっています。

 

爆羅漢の時、人を殺している可能性が高くヤバくてかなり頭のきれる男です。

■喧嘩対戦成績
勝利
武藤将吾(単行本4巻)
敗北:井口達也(単行本5巻)

>>【無料読みできる方法】まで読み飛ばす

 

第12位 田口勝【キリヒト】

田口勝

『OUT』7巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★
防御力・タフさ   ★★

キリヒトの特別遊撃隊隊長。

中学時代は柔道の大会で優勝した成績があります。

 

下の人間をボコって金を巻き上げたり、泣いたフリをして騙し討ちをしたりと悪どい人物です。

 

キリヒトから切り捨てられ、狂乱鬼に入る裏切りを見せますが、実はキリヒトのスパイとして潜入していました。

単行本7巻では、井口達也と壮絶なタイマンをしてギリギリのところで負けています。

■喧嘩対戦成績
敗北:井口達也(単行本7巻)

 

第11位 下原一雅【爆羅漢】(ゲバラ3兄弟長男)

下原一雅 ゲバラ3兄弟長男

『OUT』5巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★
防御力・タフさ   ★★

爆羅漢の総長であり、ゲバラ3兄弟の長男。

実家は建築会社をやっています

 

性格は冷静で狡猾、残忍な面もありミスした部下には容赦なく拷問しようとするヤバさがあります。

 

ネイバーフット(NF)というギャングチームとモメた際は、頭でる張川純也(元柔道の特待生) に圧倒的な強さで勝利。

 

かなりの強さはあるが、丹沢敦司とのタイマンでは何もできないまま敗れてしまいます。

敗れた後は、丹沢敦司に拉致られます。

 

後のキリヒトメンバーの発言(単行本8巻)で、

”この前の爆羅漢の頭の時はヒデェモンだった!!
クソ漏らしながら泣き入れてたしヨオ!!”
よしま@
よしま@

拉致られた後は拷問され、心を折られたようです。

■喧嘩対戦成績
勝利張川純也(単行本3巻)
敗北:丹沢敦司(単行本5巻)

>>【無料読みできる方法】まで読み飛ばす

 

第10位 風間美玲(フーリン)【狂乱鬼】

フーリン 風間美玲

『OUT』7巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★
防御力・タフさ   ★★

狂乱鬼の遊撃隊長。

見た目は、女性の服装をしています。

 

いつもゴルバッキーという猫のぬいぐるみを持っていて、語尾に「にゃん」をつけるかなり特徴的なキャラクター。

喧嘩はかなり強い前評判はあるが、まだまだ未知数。

 

唯一のバトルシーンは単行本7巻で、丹沢敦司を拉致ろうとした時、長嶋圭吾に邪魔されたシーンです。

木刀の攻撃を全てかわし、喉元に一撃入れています。

 

コミックス17巻では、斬人特攻隊No3の橋本健信をタイマンで撃破!

ゴルバッキーで強烈な一撃をお見舞いしました!

■喧嘩対戦成績
勝利橋本健信(単行本17巻)

 

第9位 長嶋圭吾【キリヒト】

武藤将吾

『OUT』11巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★★
防御力・タフさ   ★★

キリヒトの頼れる特攻隊長。

 

無口で作中一度も言葉を発したことがないキャラです。

剣道の腕が一流で、中学まで全国レベルの選手でした。

 

実はキリヒト一番のバトルジャンキーで喧嘩大好き!

喧嘩したい衝動が高まると折り紙を折り始める妙な習性があります。

 

剣道をやっていたおかげで、見切りが半端なく攻撃を受けるのが相当うまいです。

 

爆羅漢の下原孝二とのタイマンでは、背中をナイフで刺された最悪のコンディションの中で、見事に一撃で仕留めています。

 

喧嘩には勝ったものの、出血多量で丹沢敦司が試合を止め、代表戦としては敗北になりました。

 

長嶋圭吾は多対戦の木刀を持った喧嘩が大の得意です。

狂乱鬼との抗争では、約30人の相手に大活躍し丹沢敦司を救うことに成功しています。

 

しかし、フーリンに一撃くらってからは行方不明になります。

その後、単行本11巻で再登場した際は、狂乱鬼のユニフォームを着て登場しましたが・・・。

17巻の斬人VS狂乱鬼の抗争にも乱入!大活躍の予感です!

よしま@
よしま@

キリヒトを裏切ったのか?
その真相はいかに・・・?

■喧嘩対戦成績
勝利下原孝二(単行本3巻)

>>『OUT』17巻を無料で読みたい方はこちら

 

第8位 角田一輝(イッカク)【狂乱鬼】

角田一輝 イッカク

『OUT』8巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★
防御力・タフさ   ★★★★★

狂乱鬼の親衛隊長で、2m11cm 90kg という超長身のキャラ。

ダメージジャンキー(損傷中毒者)のマゾヒストのため、かなり打たれ強い。

 

「オウ」しか言葉を発しません。

よしま@
よしま@

特徴がありすぎてOUTの中でもっともキャラが濃い人物といえます。

 

喧嘩はめちゃめちゃ強いです。

必勝パターンも持っており、スピードに緩急をつけた攻撃で相手の感覚を狂わせ、左腕で相手の頭を100kg近い握力で掴んで離しません。

 

掴んでしまえば相手とリーチが違うので、こちらの攻撃しか当たらない。

右ストレートか膝蹴りで仕留めます。

 

爆神蜘との代表戦では、アマボクシングの元県チャンプである大島良介に膝蹴りで一閃。

必勝パターンで見事に勝利を収めています。

 

目黒修也のタイマンでは、バットを使う巧さも見せています。

かなりの接戦で持ち前のタフさを見せましたが、敗北してます。

■喧嘩対戦成績
勝利大島良介(単行本8巻)
敗北:目黒修也(単行本13巻)

>>【無料読みできる方法】まで読み飛ばす

 

第7位 目黒修也【キリヒト】

目黒修也

『OUT』8巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★★
防御力・タフさ   ★★

キリヒトの親衛隊長。

日頃は自ら喧嘩を売ることはない温厚な人物です。

 

田口とは幼馴染で、乱暴な田口を上から押さえつけることができる数少ない男です。

いつもグラサンをかけているのは瞳が青いからです。

グラサンを外すとかなりのイケメンです!

 

田口がキリヒトを辞めせられたことに納得がいかず、自らもキリヒト辞めてしまいます。

 

喧嘩の腕は超一流。

誰もが「目黒とは喧嘩をしたくない」と口を揃える強さを持っています。

 

大活躍したのが帰り道に公園で狂乱鬼に襲われた時です。

敵のザコキャラに対し、なんの攻撃をするか宣言してからすべて一撃で沈めていきます。

”顎いくぞ顎・・・”

と言い、顎への一撃でノックアウト!

”今から右ローキックいくぞ!”

ものすごいインパクトの右ローで一撃!

 

打撃もすごいが投げもすごいです!

その後は、背負投げで相手の腕をへし折っています。

 

イッカクとのタイマンではまさにギリギリの死闘でしたが、受け身が取れない背面に周りこみ背負投げで沈めています。

 

目黒修也は、単行本15巻の最後で田口勝に斧で頭を割られ死亡します。

しかし、最後のコマで目を開ける描写があります。

よしま@
よしま@

実は死んでいなかった?
今後の展開に期待です!

■喧嘩対戦成績
勝利イッカク(単行本14巻)
敗北:ニカク(単行本15巻)

>>【無料読みできる方法】まで読み飛ばす

 

第6位 安倍要【キリヒト】

安倍要

『OUT』1巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★
防御力・タフさ   ★★★★

キリヒトの副総長が安倍要です。

男気にあふれるキャラで、曲がった事を嫌う根性ある人物です。

 

主人公井口達也の親友で、単行本1巻の1話目から登場します。

見た目は気合の入ったおっさん面ですが、とても信頼できる男。

 

1話目の井口達也の喧嘩はこちらの記事でくわしく書いています!

 

男気エピソードとしては爆羅漢のスパイが、偵察に来ていて捕まえた際、「地元の後輩」と嘘をつき逃してあげています。

 

ヤルかヤラれるかの世界で優しさがあり器がでかく、副総長のポジションに納得のいく好感がもてるキャラです。

 

爆羅漢との戦争では、下原賢三に車で跳ね飛ばされ、瀕死の重症をおいます。

轢かれた直後は、息をしておらず死亡したかと思われましたが、集中治療室に入り一命を取りとめました。

 

よしま@
よしま@

直近では喧嘩シーンはありませんが、キリヒトの副総長という重要なポジションなので今後の期待をこめて5位としました。

■喧嘩対戦成績
敗北:井口達也(単行本1巻)
勝利:下原孝二(単行本2巻)

>>【無料読みできる方法】まで読み飛ばす

 

第5位 井口達也

『OUT』1巻表紙

『OUT』1巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★
防御力・タフさ   ★★★★★

主人公である井口達也が4位にランクインです。

いつも接戦の喧嘩をしますが、全戦全勝中です。

 

井口達也は地元の狛江では狂犬と呼ばれていたイケイケの喧嘩好きです。

少年院から出所し地元を離れ西千葉にやってきました。

 

井口達也については別記事のあらすじ部分で詳細に書いています。

 

井口達也のベストバウトは、田口勝戦(単行本7巻)です。

田口勝得意の柔道で何度もマウントを取られますが、カウンターの頭突きや肘打ちでなんとか退けます。

 

両者満身創痍の中、田口勝が先に立ちますが、「ある質問」を井口達也にします。

この質問で、井口達也に立ちあがる時間を与え、カウンターで右ストレートが入り、なんとか勝利しました。

この迫力の喧嘩はぜひ漫画で見てほしいです!

■喧嘩対戦成績
勝利:安倍要(単行本1巻)
勝利:下原賢三(単行本5巻)
勝利:田口勝(単行本7巻)

>>【無料読みできる方法】まで読み飛ばす

 

よしま@
よしま@

いよいよここから強さランキングもベスト3になります。

 

4位~12位までのキャラはランキング化しましたが、強さはかなり近く実際にヤリあってみないとわからないです。

しかし3位より上からは明確に一線をかく強さがあります。

 

第4位 角田瑛二(ニカク)【狂乱鬼】

角田瑛二 ニカク

『OUT』8巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★
防御力・タフさ   ★★★★

狂乱鬼の特攻隊長のニカクが第3位になります。

 

筋トレ大好きで不自然なほど全身筋肉の鎧をまとっています。

よしま@
よしま@

イッカクとは双子の弟ですが、身長・体型がだいぶ違いますね。

 

爆神蜘との代表戦では最終戦でハルケンを一撃で倒しています。

 

単行本14巻で狂乱鬼総長の弦巻良樹がニカクについて語っています。

弦巻良樹

『OUT』9巻から引用

”力ではニカクに勝てない・・・
マジでそう思った。今のニカクが本気になって向かって来たら・・・
俺でもどうなるかわからねェ・・・”

チートスペック(反則的性能)の総長弦巻良樹がニカクの強さを認めている場面です。

 

その強さを証明するのが、ニカク最後の喧嘩シーンです。

目黒修也の連打をくらうニカクだが、攻撃をしていた目黒修也ほうが酸欠で倒れました。

 

ニカクは、

”ダメージを差っ引いても今のオメェじゃ俺と勝負にならねェ
レベルが違う・・・”

 

目黒修也も確実にかなり強いです。

しかし、ニカクの強靭な肉体はそれを凌駕する強さを身に着けています。

 

その後、田口勝もかけつけ、ニカクVS目黒修也・田口勝となります。

それでもニカクの強さが上回りました。

 

しかしニカクに「致命的な弱点」がありました。

その弱点を目黒修也につかれ、ニカクは死亡しました。

よしま@
よしま@

ニカクの最後についてぜひ漫画を読んでみてください。

■喧嘩対戦成績
勝利:ハルケン(単行本8巻)
勝利:目黒修也(単行本15巻)

 

第3位 三浦 佑也【狂乱鬼】

三浦 佑也

漫画『OUT』17巻より引用

攻撃力・暴力性   ★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★★
防御力・タフさ   ★★★★

狂乱鬼副総長の三浦 佑也が第3位です。

元々は「阿修羅」という斬人とも以前は友好関係にあった伝統あるチームの副総長を務めていた男です。

喧嘩の腕は西千葉で五指に入ると言われ、人望も厚い人物です。

 

最新刊17巻では、抗争で強襲し、マヌクの側頭部をバットで強烈に殴打しました。

>>『OUT』17巻を無料で読みたい方はこちら

 

まだ喧嘩のシーンがなく評価が難しいキャラですが、前評判の圧倒的な高さから3位にランクインしました!

今後の喧嘩シーンに大いに期待しているキャラです。安倍要と副総長同士の負けられないタイマンなどがあれば嬉しいですね!

 

よしま@
よしま@

ここからはTOP2の発表です。

正直、1位と2位は接戦でどっちが強いかヤッてみないとわかりません!

OUTの中でチートスペック(反則的性能)の持ち主で最強キャラ二人になります。

>>【無料読みできる方法】まで読み飛ばす

 

第2位 丹沢敦司【キリヒト】

丹沢敦司

『OUT』5巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★★
防御力・タフさ   ★★★★

キリヒト7代目総長の丹沢敦司が堂々の2位です!

喧嘩シーンは、爆羅漢との代表戦での総長同士のタイマンでした。

 

相手の下原一雅も決して弱い相手ではありませんでした。

しかしガードの上からの左ストレート一撃で足の感覚がなくなり、そこからは一方的に攻撃。

最後は全体重を乗せて踏み潰しました。

よしま@
よしま@

まさに圧巻の強さです。

 

丹沢敦司の魅力は、喧嘩の強さだけではありません。

 

妙に愛嬌があり、明るく全然不良っぽくありません。

いい意味で総長っぽくない親しみやすさを持っています。

 

子猫を拾って泣きながら井口達也の元に行く場面なんかは丹沢敦司らしさがでています。

圧倒的な喧嘩の強さと、親しみやすさがカリスマ性につながっています。

 

ただ、親しみやすいだけではなく、敵にたいしては異常なほど狡猾で残忍な一面を持っています。

 

身内に対しては全力で守り、敵に対しては徹底的に追い込みます。

このギャップがまた丹沢敦司の魅力といえます。

 

漫画【OUT】はノンフィクションストーリーなので、丹沢敦司は実在しモデルがいます。

井口達也は自身のブログで語っています。

丹沢敦司は普段は温厚で、暴走族の総長らしいオーラはゼロだった。

あっちゃん(丹沢敦司)は総長ってだけでなく、物凄い数の男達に慕われているカリスマだった。

あっちゃんは「弱みを見せられるのってさ、親友って奴くらいじゃん」と言った。

そう言った上で、俺を見て満面の笑みを浮かべた。

参考:井口達也ブログ ◆丹沢敦司と井口達也◆

実在のモデルとなっている丹沢敦司もカリスマ性があり、井口達也と親友と呼べるほど仲がいいのが伝わります。

 

【OUT】好きの人は、
「丹沢敦司と弦巻良樹どちらが強いのか?!」と思っている人は多いでしょう。

 

田口勝とニカクでこんな会話のシーン(単行本12巻)があります。

田口勝、

田口勝

『OUT』7巻から引用

(丹沢敦司に対して)
”あの細ェ体は全身がギリギリに詰められた強力なバネだと思っていい・・・

しかも天性の当て勘がハンパねェ”

ニカク、
角田瑛二 ニカク

『OUT』8巻から引用

”正直言って俺から見てもパワーとスタミナなら良樹だが、
スピードと当て勘なら丹沢だろう

まぁ本当ン所は実際にやり合ってみねェとわかんねェけどよ・・・”

 

よしま@
よしま@

どちらが強いかは実際に喧嘩してみないとわかりません!

ストーリーが進めば抗争の結末として総長同士のタイマンが見られるでしょう。

■喧嘩対戦成績
勝利:下原一雅(単行本5巻)

>>【無料読みできる方法】まで読み飛ばす

 

第1位 弦巻良樹【狂乱鬼】

弦巻良樹

『OUT』9巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★★
防御力・タフさ   ★★★★★

強さランキング1位に輝いたのは、狂乱鬼総長にしてキリヒト6代目総長でもある弦巻良樹です!

 

弦巻良樹は残虐非道のクズだったキリヒト5代目総長皆川状介を殺しています。

丹沢敦司はチーム内での殺しに怒り、キリヒト6代目の世代を警察に捕まるよう仕向けました。

6代目世代の幹部が現狂乱鬼の幹部達です。

 

狂乱鬼の目的はキリヒトを取り戻すこと丹沢敦司への復讐になります。

 

弦巻良樹の強さがよくわかるのが、狂乱鬼決起集会のケンカ祭りです。

狂乱鬼は、吸収したチームのから24人の猛者を集め、一人ずつ弦巻良樹とタイマンしていきます。

弦巻良樹に勝つことができたら100万ゲットというルールです。

 

20人目のハルケンで一度倒れますが、立ち上がり殴り倒します。

 

しかしこれは、吸収したチームに総長と認めさせるための“わざとギリギリで勝つ演出”をしていただけでした。

 

後にニカクは言っています。

角田瑛二 ニカク

『OUT』8巻から引用

”弦巻良樹は本気をだせばおそらく24人一気に抜ききっただろう”

よしま@
よしま@

まさに反則的な強さです。

 

■喧嘩対戦成績
勝利:ハルケン(単行本9巻)
※他合計20人に勝利

 

よしま@
よしま@

漫画【OUT】の詳細な解説をしましたが、「今すぐ漫画を読みたくなった!」という方も多いのではないでしょうか。

 

今回、最新巻を含む単行本2~3冊を簡単に無料で読める方法があるので、ご紹介します。

無料で『OUT』を簡単に読める方法

『OUT』を”FODプレミアム”というサービスで完全無料(もちろん安心安全な合法)で読む方法を紹介します。

最新刊も読めますし簡単なのでオススメです!

よしま@
よしま@

FODプレミアム”は2005年にフジテレビが始めた動画・電子書籍サービスです。
●ユーザー数:300万人
●有料会員:80万人
●アプリダウンロード数:1,000万件
業界最大のユーザー数である大人気サービス。

 

 

今なら『1ヶ月間無料お試しキャンペーン』に登録すると、期間中に1,540ポイント(1,663円分)もらえます。

↓↓↓下の図がとてもわかりやすいです。

FODポイント説明
よしま@
よしま@

コミック2~3冊を購入できますね!

 

登録は「Amazonアカウント」を使用するので1分程度、安全かつ簡単で面倒な入力はありません。

 

1ヶ月間の無料期間で解約すれば、料金は一切かかりません。

『解約方法』もとても簡単、5ステップでたったの1分で解約できました。
FOD解約方法

 

▼FODの無料お試し体験の内容
☑ 1ヶ月間、完全無料で利用できる
☑ 1,540ポイントもらえて漫画3冊をゲット(最新刊でもOK)

☑ 無料登録Amazonアカウントを使うので1分程
☑ 解約も簡単、5ステップで1分

☑ フジテレビ系中心に動画見放題(ドラマ、アニメ 等)
☑ 人気雑誌含む100誌以上が読み放題
☑ 無料対象の一部の漫画が読み放題

 

~登録は簡単1分、解約いつでもOK~

 

より詳細に漫画『OUT-アウト』を無料で読む方法を知りたい方は別記事でまとめています。

 

OUT-強さランキングTOP16まとめ

よしま@
よしま@

OUTの喧嘩強さランキングはいかがでしたでしょうか。

現在(2019/10/07)キリヒト対狂乱鬼の抗争は後半戦といったところです。

今後は両チーム幹部通しのタイマンや、井口達也の活躍が見られると思うととても楽しみですね!

 

第1位 弦巻良樹【狂乱鬼】

弦巻良樹

『OUT』9巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★★
防御力・タフさ   ★★★★★

第2位 丹沢敦司【キリヒト】

丹沢敦司

『OUT』5巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★★
防御力・タフさ   ★★★★

第3位 三浦 佑也【狂乱鬼】

三浦 佑也

漫画『OUT』17巻より引用

攻撃力・暴力性   ★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★★
防御力・タフさ   ★★★★

第4位 角田瑛二(ニカク)【狂乱鬼】

角田瑛二 ニカク

『OUT』8巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★
防御力・タフさ   ★★★★

第5位 井口達也

『OUT』1巻表紙

『OUT』1巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★
防御力・タフさ   ★★★★★

第6位 安倍要【キリヒト】

安倍要

『OUT』1巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★
防御力・タフさ   ★★★★

第7位 目黒修也【キリヒト】

目黒修也

『OUT』8巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★★
防御力・タフさ   ★★

第8位 角田一輝(イッカク)【狂乱鬼】

角田一輝 イッカク

『OUT』8巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★
防御力・タフさ   ★★★★★

第9位 長嶋圭吾【キリヒト】

武藤将吾

『OUT』11巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★★
防御力・タフさ   ★★

第10位 風間美玲(フーリン)【狂乱鬼】

フーリン 風間美玲

『OUT』7巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★
防御力・タフさ   ★★

第11位 下原一雅(ゲバラ3兄弟長男)【爆羅漢】

下原一雅 ゲバラ3兄弟長男

『OUT』5巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★
防御力・タフさ   ★★

第12位 田口勝【キリヒト】

田口勝

『OUT』7巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★
防御力・タフさ   ★★

第13位 下原賢三(ゲバラ3兄弟三男)【爆羅漢】

下原賢三 ゲバラ3兄弟三男

『OUT』4巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★
防御力・タフさ   ★★

第14位 橋本健信【キリヒト】

斬人特攻隊No3の橋本健信

漫画『OUT』17巻より引用

攻撃力・暴力性   ★★
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★
防御力・タフさ   

第15位 武藤将吾【キリヒト】

武藤将吾

『OUT』11巻から引用

攻撃力・暴力性   
喧嘩の巧さ、技術力 ★★★★
防御力・タフさ   

第16位 春川剣一郎(ハルケン)【爆神蜘】

春川剣一郎 ハルケン

『OUT』8巻から引用

攻撃力・暴力性   ★★★★
喧嘩の巧さ、技術力 
防御力・タフさ   

OUTでは喧嘩好きの魅力的な登場人物達がたくさんでてきます。

 

OUTの関連記事はこちらから!

 

バトル・アウトロー系の漫画が好きな方はこちらの記事もオススメです。

【DINERダイナー】ネタバレ|漫画の登場人物15人を一挙紹介🤔!お聖水の悲劇
※2019年7月11日更新 『DINERダイナー』は2019年実写映画化、全国公開している今トレンドの超話題の作品です。作中には異常な殺し屋達がたくさん登場します。『ダイナー』が大好きな筆者が、重要な登場人物の殺し屋達15人をピックアップして徹底解説!
ドンケツマンガ|強さランキングTOP10!上位3人は?🤔登場人物を一挙紹介
ドンケツといえばヤクザ同士の迫力ある殴り合いのケンカシーンが多いのですが一体誰が最も強い男なのでしょうか?🤔 ドンケツが大好きで10回以上は読み返している筆者が、独自の強さランキングTOP10を考えました。 ...
【バウンサー】漫画ネタバレ|あらすじや評価をwikiより詳しく徹底解説🤔!
別冊ヤングチャンピオンで絶賛連載中の注目のバトルマンガ『バウンサー』がめっちゃ面白い!🤔 コミックスは発行部数50万部以上の大ヒット漫画で、2017年には実写ドラマ化もされています! よしま@ ...
モンキーピーク(ネタバレ)最新刊12巻の結末・最終話までを徹底解説!登場人物紹介🤔
※2019/08/12更新 漫画『モンキーピーク』の最新刊11巻までのネタバレ感想になります。登場人物を画像つきに一挙に紹介。あらすじや完結・結末予想も徹底解説!鬼猿や魔猿、日本刀の男の正体は?薬害疑惑の真相は?
【鬼門街】漫画-ネタバレ🤔|wikiより詳細にあらすじや登場人物を解説!
※2019年4月13日更新 『鬼門街』の大ファンであり、毎月50冊以上の漫画を読んでいる筆者が、あらすじや評価、登場人物を詳しく解説します!鬼に取り憑かれる異能力不良バトル漫画『鬼門街』がめっちゃ面白いです!ヤングキングコミックスで絶賛連載中!
【終末のワルキューレ】ネタバレ🤔|wikiより徹底解説!登場人物の最強の戦いを紹介
※2019/8/20更新 漫画『終末のワルキューレ』のネタバレ感想になります。 あらすじや見どころをわかりやすく徹底的に解説!迫力のバトルシーンは、読む人を非常に熱くさせます!一度読んだらその世界観に引き込まれること間違いなしの作品です!
渋谷金魚
「渋谷金魚」の記事一覧です。

 

ぜひキャラクターに注目して読み直してみてはいかがでしょうか?

よしま@
よしま@

以上、よしま(@Yoshima_manga)でした。
Twitterをぜひフォローしてね!

  1. 匿名 より:

    三浦は?

    • よしま@ より:

      三浦は雑魚相手に一回しか喧嘩してないんで入れなかったんですよ。更新していれようと思っています。コメントありがとうございます!

  2. 神ちゃら より:

    目黒は、要より強いと思ってました!

    • よしま@ より:

      私も実はそんな気もしますが、狂乱鬼との抗争が進むと、要も絶対活躍すると思っていて、
      その時。本来の強さを存分に発揮してくれると信じています。
      副総長同士の、要VS三浦とかタイマンしそうな気がしますね!

      コメントありがとうございます。

  3. 匿名 より:

    三浦がランキングに入ってない。。。

    • よしま@ より:

      三浦の喧嘩シーンは、雑魚相手に一回しかないので入れませんでした。
      今後必ず活躍するはずなのでその時にランキングに入れますね!

      コメントありがとうございます!(^o^)

  4. 匿名 より:

    井口達也は過大評価じゃ…要もだかこの2人明らかに目黒よりは実力ない気がする。

    • よしま@ より:

      井口は主人公で、要も副総長ということでちょっとひいき目があるかもしれません。
      ただ井口は現状無敗ですし、要も今後重要な喧嘩で大金星上げてくれると思います。(^o^)

      コメント本当にありがとうございます!!!

  5. 匿名 より:

    今日初めて知ってみたけどデタラメなランキング書くなアホか笑笑
    知らん人がみて鵜呑みにしたらどないするつもりやねん
    ランキング全然ちゃうぞ。もっと読んでつけろ

    • 匿名 より:

      お前の言ってることはもっともだが、言葉には気をつけろよネットヤンキーくんwww

  6. 匿名 より:

    エプロン(井口)は田口に実力でほぼ負けてたし現状じゃいいとこ田口と横並び、贔屓目に見ても田口の一つ上だし
    漫画上の対戦を基準にしてるにしては要過大評価だし、登場人物間の評価も参考にしてるにしてはフーリン三浦過少評価。

  7. 勇気 より:

    良樹くんが1位になっていて嬉しかったです。楽しく読めました。

タイトルとURLをコピーしました