【不浄を拭う人】単行本コミックのネタバレ感想🤔!特殊清掃員のリアルな実態

『不浄を拭う人』1巻表紙

死体のあった部屋にトンデモゴミ屋敷など、訳あり物件を元通りにキレイにする“特殊清掃員”

このお仕事のリアルな実態を面白おかしく描いた衝撃のエッセイマンガです。

読めば驚きの連続ですが、その中でも人情や、生きるということを考えさせられる場面もあります。

 

電子書籍で話題となり、今でも好評配信中です。

作者自身の体験をもとに産婦人科のリアルを描いた「とうめいなゆりかご」の沖田×華さんによる衝撃の新しい物語です。

よしま@

改めて”特殊清掃員”の人たちに感謝の気持ちがおきますね!

『不浄を拭う人』の大ファンであり、毎月50冊以上の漫画を読んでいる筆者が徹底解説!

  • 漫画の基本情報
  • あらすじ
  • 著者「沖田×華」さんとは?
  • 主人公”山田正人”について
  • 各話のネタバレ感想
  • 評価・感想

この記事を読めば、『不浄を拭う人』の理解が深まり100倍楽しめること間違いなし!

>>ネタバレより無料で読みたい方はこちら
↑無料読みできる方法まで読みとばせます。

『不浄を拭う人』とは?基本情報

よしま@

まずは、『不浄を拭う人』の基本情報を説明します!
コミックタイトル不浄を拭う人
コミック原作者天池 康夫
コミック作者沖田 ×華
出版社ぶんか社
連載誌本当にあった笑える話
主人公山田 正人
連載開始
舞台現代の日本
ジャンルコメディ エッセイ

『不浄を拭う人』のあらすじ

『不浄を拭う人』1巻表紙

『不浄を拭う人』1巻表紙より引用

”山田正人”39歳が脱サラして始めた仕事は“特殊清掃員”でした。

彼が請け負う仕事は主に遺品整理やゴミ屋敷の清掃に、亡くなった人の部屋を片付ける特殊清掃でした。

毎日のように依頼が舞い込み、依頼主のもとへ出向いてお仕事をします。

 

彼は非常に強い霊感体質でした。

20代の頃からパッタリ消えていたものの、特殊清掃の仕事についてから更に強くなったようです。

亡くなった人の部屋に入るや否や、令らしき存在に肩を掴まれ、追い出されそうになったりもします。

 

そんな恐怖じみた体験の中、山田が思うのは住んでいた人の生前でした。

孤独に亡くなる際にはどのような気持ちだったのでしょう?

幸せだったのでしょうか?

 

特殊清掃の様々なパターンを番外編含め12話展開されます。

 

最新刊の発売日やネタバレについてはこちらの記事にまとめています。

>>【無料で『不浄を拭う人』2冊分を読める方法】まで読み飛ばす

著者「沖田×華」さんとは?

衝撃の実話を面白おかしく

自身のアルバイト先である産婦人科での体験をもとにした「とうめいなゆりかご」。

自身の発達障害の日常を描いた「毎日やらかしてます」など。

自身の体験をコミカルなタッチで赤裸々に語ったエッセイが話題です。

 

読み手も暗い気持ちにならず、かつどこか考えさせられるようなお話が多いのが特徴です。

発達障害を大人になってから自覚

小学生の時に発達障害を診断されながらも、それらを自覚したのは大人になってからだそうです。

協調性のなさから、周りの人間からイジメや差別を受け続けてきました。

そんな自身の人生をエッセイとして作品に残してくださっています。

 

そのため、彼女の作品を読んで勇気をもらった人も多いと評判です。

 

主人公”山田 正人”の紹介

山田正人

『不浄を拭う人』1巻表紙より引用

脱サラして”特殊清掃員”の仕事をしています。

妻と一人の息子がいて、普通の幸せな家庭を築いています。

もともと強い霊感の持ち主のようで、学生の頃はそれらに悩まされていたようです。

 

20代のころにパッタリ無くなったと思ったら、特殊清掃の仕事場で再び、強い霊感に目覚めてしまいました。

性格は、人当たりがよく極めて温厚です。

脱サラした理由と、特殊清掃員の仕事を始めたきっかけは、今後明らかになっていくのでしょう。

 

『不浄を拭う人』単行本1巻の各話のネタバレと考察

山田正人

『不浄を拭う人』1巻表紙より引用

よしま@

漫画『不浄を拭う人』の各話それぞれのネタバレです!
もくじ
  1. カツラの落ちている部屋
  2. 深夜に聞こえる音
  3. 拒まれる部屋
  4. 最期に見たい景色
  5. 困った落し物
  6. ナゾの女性たち
  7. アリ地獄のある部屋
  8. 先輩の言葉
  9. 発見の早い部屋
  10. 真夏の現場
  11. 野口さんと愛ちゃん
  12. (番外編)山田家の息子

 

第1話『カツラの落ちている部屋』

依頼主はアパートの大家さんでした。

依頼された部屋に入るなり、霊的な存在から肩をガッシリつかまれ

「入るな!」

と言われる始末です。

 

案の定大家さんに聞くと、この部屋に入った人は亡くなることが多いようです。

ここで初めて特殊清掃の仕事をしたときのことを思い出します。

新人なので、先輩に付いて清掃をしていました。

 

そのとき床に黒い髪のカツラを見つけます。

不思議に思って拾うと、バリバリ音がするではありませんか!

人間は亡くなると体が腐敗し始め、頭皮が剥がれ落ちるのだそうです。

 

いきなり亡くなった人の頭皮があらわれたらトラウマものでしょう。

バリバリとした頭皮の感触もやたらリアルですね。

そんなカツラが落ちている部屋でした。

 

第2話『深夜に聞こえる音』

第2話『深夜に聞こえる音』

『不浄を拭う人』1巻表紙より引用

「カツラのある部屋」で作業をした夜、山田は夜中に物音で目が覚めます。

自分だけではなく妻も同じ音が聞こえるようです。

それからほぼ毎日のように夜中にカサカサと音がするようになります。

 

ある日妻が、血相変えながら寝室に飛び込んできました。

妻曰く、青白い光がピカッと光って消えたそうです。

それからしばらく妻は暗い部屋で眠れなくなってしまいました。

 

その後、依頼主の娘さんから亡くなった人は音を出すということを聞きました。

自身の体験と全く同じだったので、やはりあれは霊の仕業だったのかと納得です。

どうやら亡くなった人のことを考えると、たまに憑いてきてしまうことがあるそうです。

 

それから山田は、作業中はできるだけ無心で作業するようになりました。

 

第3話『拒まれる部屋』

山田は非常に強い霊感体質の持ち主です。

もちろんあまりにも霊が入室を拒むので、入れない部屋もあります。

そんなときは、知り合いの住職さんに来てもらいます。

 

割と周りに目立つお祓いをしてもらったあと、効果は抜群なようで中に入れるようになります。

しかし中には大量の女性用下着で埋め尽くされていました。

ここは独身男性が住んでいたはず!

 

そんな中、女装熟女モノのAVを見つけました。

かなり特殊な性癖の持ち主だったようで、死んでもなお中の物を見られたくなかったのもわかります。

特殊清掃員の仕事をしていると、住人がどのような生活をしていたかが手に取るようにわかるといいます。

 

しかし、死に場所と死に時は選びたいものですね。

 

第4話『最期に見たい景色』

特殊清掃員のお仕事はアパートや一軒家だけではありません。

有名な超一流ホテルからも依頼が舞い込みます。

依頼はホテルのオーナーで、とある部屋で大量に出血死して亡くなった方の清掃依頼でした。

 

ホテルでの仕事は、他の宿泊客に不信感を与えないため、迅速に行わなくてはなりません。

一仕事終えたところでまた同じホテルから依頼が来ました。

この前とは違う部屋のようで、風呂の中で泥酔して溺死したようです。

 

2時間ほどであっという間に作業を終えた山田なのでした。

何事もなかったかのように、すぐに他の宿泊客が利用するのかと思うと不思議な気持ちです。

意外にもこのような事例は多いのかもしれません。

 

私たちが今まで、あるいはこれから泊まるホテルの客室も、もしかしたら・・・。

 

第5話『困った落し物』

第5話『困った落し物』

『不浄を拭う人』1巻表紙より引用

特殊清掃員はときに非常に困った落し物を拾うことがあります。

それはとある浴槽を掃除していたときのことです。

風呂の壁にビニール手袋が張り付いていたと思ったら、人間の手の皮膚でした。

 

またあるときは、男性が亡くなったアパートの一室を掃除していました。

すると廊下に白い玉が落ちていたのです。

拾ってみるとウジが沸いた目玉でした。

 

清掃において、厄介なのが腐敗臭のきついブランド物です。

せっかくの高級ブランド品でも、ハエのウンコがついて匂いがきつくなっていれば買取不可になってしまうのです。

特殊清掃員が仕事する際、大抵は水回りが汚いそうです。

 

いつ死んでも周りに迷惑をかけないように、日頃から身の回りはきちんとしておこうと思える話でした。

 

第6話『ナゾの女性たち』

次の依頼はアパートの一室の清掃ですが、どうやら依頼人曰く面倒なことになりそうなのだとか。

というのも、山田が依頼された部屋の玄関を消毒していると、そこに4人の女性が現れました。

彼女たちは遺族でもないのにじっと中に入れるのを待っているようです。

 

山田が鍵をもらって中に入ると、女性たちが山田を押しのけて我先へと入って行きました。

彼女たちは亡くなった人が生前にデキていたホステスたちです。

彼が亡くなったことを聞きつけ、形見分けと言い張りまるでハイエナのごとく彼の私物をアサりまくっていたのです。

 

彼女たちは金目のものを詰め込むだけ詰め込み出て行きました。

後に残ったのは、とっ散らかって余計に仕事が増えた部屋だけです。

しかし片付けているうちに彼のマイペースだけれどどこか憎めない性格が見え、不思議と腹が立たなくなってきました。

 

第7話『アリ地獄のある部屋』

テレビでたまにゴミ屋敷特集がありますよね?

どうやって入るの?どうやって生活するの?と疑問に思うことでしょう。

山田曰く、とにかくゴミのてっぺんまで登っていくといいそうです。

 

そして、ゴミ屋敷の住人は必ず生活スペースを確保しますから、どこかに”アリ地獄”があるはずなのです。

いわゆるそこだけゴミが少ない台風の目のような場所です。

たいていそこで孤独死したりしています。

 

そして、ゴミ屋敷で気をつけたいのがネコ缶などペット関連の道具を見つけたときです。

飼い主が亡くなっている場合、高い確率でペットも亡くなってどこかに落ちています。

ゴミをあさって急に動物の死骸が出てきたらトラウマものでしょう。

 

清掃代は、通常はそこの住民およびその遺族が支払うのですが、該当者がいない場合は大家が全て支払う羽目になります。

 

第8話『先輩の言葉』

第8話『先輩の言葉』

『不浄を拭う人』1巻表紙より引用

山田には、特殊清掃員として新人のときにお世話になった先輩がいました。

その方は長井さんといい、数年ぶりに会うことになりました。

長井さんと組んで仕事をしたときに、布団の上で亡くなったお年寄りの部屋を担当したことがありました。

 

その際に、山田は一人でどのような気持ちで亡くなってしまったのか?

と悲しい気持ちになりましたが、長井さん曰く、寝てれば治ると思って布団に着いたら、次の日亡くなっていた。

ただそれだけのことなのです。

 

「目が覚めていつもの日常が来ると思ったらこなかっただけ」

だから我々が思っているほど彼ら彼女らは不幸ではなかったのです。

その言葉に救われた山田は、特殊清掃の仕事に迷いが無くなったといいます。

 

第9話『発見の早い部屋』

特殊清掃員がよく聞かれることの一つに、

「死体の匂いって例えると何?」

があります。

山田曰く「海産物の腐った匂い」だそうです。

 

女性よりも男性の方、さらに太った人の方が匂いはキツイです。

しかし死体の発見が早ければ匂いがほとんど無いという事があります。

今回の案件は清掃に向かった先になぜかパトカーが。

 

なんと依頼主は山田に依頼した後亡くなったようですね。

荷物はきちんと整理されていました。

また、清掃がスムーズに進むよう、自殺の際はおむつを履いてレジャーシートを敷いておいてくれている始末です。

 

残された遺族の反応はだいたいあっけらかんとしているタイプと面倒ごとを押し付けられたと怒り出すパターンがあります。

どんな気持ちで周りに送り出されるかは、自分次第なのです。

 

第10話『真夏の現場』

真夏の特殊清掃現場は”地獄”だということは想像つくでしょう!

実際に部屋の室温は50℃を超えるそうです。

なので特殊清掃員は、玄関にクーラーボックスと飲み物を置いておき、耐えられなくなったら一度外に出て水分補給をします。

 

匂いが近隣に漏れるのを防ぐため、換気をしてはいけないのです。

室外機から匂いが漏れるのを防ぐため、エアコンも使用できません。

山田の楽しみは、清掃作業後のサウナです。

 

灼熱の仕事現場で命がけで作業した後のサウナと水風呂は格別です。

真夏の炎天下の中、エアコンもつけずに作業する特殊清掃員には頭が上がりませんね。

腐敗臭やゴミの匂いも通常の数倍はすごいでしょうから匂いを落とすのも一苦労でしょう。

 

第11話『野口さんと愛ちゃん』

第11話『野口さんと愛ちゃん』

『不浄を拭う人』1巻表紙より引用

嫌悪と不安と拒否感を抱かれる仕事、それが”特殊清掃員”です。

仕事中、近所から嫌がられることはしばしばですが、そんな山田の気持ちを変えてくれた依頼人がいました。

野口さんといい、亡くなった娘の部屋を掃除して欲しいとのことでした。

 

掃除していると、箱が出てきて野口さんから一緒に中を見て欲しいと頼まれました。

自分なんかがいいのだろうかと思いつつ、箱を開けると野口さん宛のメモが入っていました。

そこには野口さんへの感謝と謝罪が書かれていました。

 

野口さんは、山田がいてくれたおかげで改めて娘の気持ちを知る事ができたと深く感謝してくれましたのです。

初めてこの仕事をやっていてよかったと思った瞬間でした。

それから、毎年娘の命日には山田がお線香をあげに行っています。

 

番外編『山田家の息子』

山田には1歳の息子が一人います。

その息子は困ったことに霊感が強いようなのです。

何もいない壁に向かって話し続ける様子は、やはり息子にも霊感はあるんだと認識させられます。

 

仕事中、霊的なものを連れて帰らないようにしなければいけませんね。

この息子さんは名前を”清塩”といいます。

妻が破水した際に、驚いた妻の母が清めなければと大量の塩をぶっかけました。

 

さらに息子が生まれた際に山田もついでに塩をぶっかけられました。

それゆえに名前が”清塩”になりました。

霊感の強い親から生まれた子供も霊感が強くなるのでしょうか?

 

学生時の山田のように、息子さんも苦労しないことを祈るばかりです。

ちなみに妻はそれほど霊感はないようです。

🚩>『 漫画タイトル 1巻』を今すぐ”試し読み”
※↑ページが移ったら📖アイコンの”試し読み”をタップ

よしま@

スマホで手軽に読める電子書籍サービスなら「ebookjapan」が圧倒的にオススメ!

初回ログインで50%OFFクーポンをゲット
キャンペーンや割引セールで超お得に読める

⬆目次に戻る

 

>>【無料で『不浄を拭う人』2冊分を読める方法】まで読み飛ばす

 

『不浄を拭う人のTwitterの感想・評価

よしま@

死に様を考えさせられるとして話題です!

私たちが常にきれいな場所で生活しているのは”特殊清掃員”の皆様のおかげかもしれません。

仕事とはいえ、誰もが忌み嫌う存在を引き受けてくれる彼らに改めて感謝の気持ちがわきました。

それと同時に印象に残っているのは、みんな孤独死しようと思ってしているのではないという先輩の言葉でした。

 

孤独死だったとニュースやテレビで聞くたびにどのような思いで亡くなったのかと思っていました。

しかしよく考えたら自身が死ぬ時間なんてわかりませんよね?

一人で死ぬことが必ずしも不幸であるとは限らないのです。

 

よしま@
【不浄を拭う人】の紹介をしてきましたが「今すぐ漫画を読みたくなった」

という方に向けて、無料で最新巻を含む単行本2冊を簡単に読める方法をご紹介します。

【完全無料】『不浄を拭う人』を簡単に読める方法

『不浄を拭う人』を”FODプレミアム”というサービスで完全無料(もちろん安心安全な合法)で読む方法を紹介します。

最新刊も読めますし簡単なのでオススメです!

よしま@

FODプレミアム”は2005年にフジテレビが始めた動画・電子書籍サービスで、ユーザー数300万人、有料会員80万人、アプリDL数1,000万件の業界一番の利用数です。

 

今なら『1ヶ月間無料お試しキャンペーン』に登録すると、期間中に最大1,540ポイント(1,663円分)もらえます

↓下の図がとてもわかりやすいです。

FODポイント説明

よしま@

『不浄を拭う人』は1冊600円なのでもらえるポイントで2冊を無料読みできます。もちろん最新刊もOKです!

 

登録は「Amazonアカウント」を使用するので1分程度、安全かつ簡単で面倒な入力はありません。1ヶ月間の無料期間で解約すれば、料金は一切かかりません

FOD解約方法

『解約方法』はとても簡単、5ステップでたったの1分で解約できました。
FOD解約方法

FODの無料お試し体験の内容
  • 1ヶ月間、完全無料で利用できる
  • 最大1,540ポイントもらえて漫画2冊をゲット(最新刊もOK)
  • 無料登録Amazonアカウントを使うので1分程
  • 解約も簡単、5ステップで1分
  • フジテレビ系中心に動画見放題(ドラマ、アニメ 等)
  • 人気雑誌含む100誌以上が読み放題
  • 無料対象の一部の漫画が読み放題

>>サービス内容詳細はFOD公式ページへ

よしま@
好きな漫画を無料で2冊読めて、しかもアニメやドラマ・映画が見放題。

自宅や移動中などの時間を有意義に過ごすことができますよ。

期間限定のお得なチャンスです。

FODプレミアム”なら”オススメ漫画の””や””も無料で読めるので、1ヶ月だけでも無料登録してみてはいかがでしょうか。

 

\登録は簡単1分、解約いつでもOK/

 
FODの無料キャンペーンについては別の記事で詳細に解説しています。

⬆目次に戻る

『不浄を拭う人のネタバレと感想まとめ

内容が”特殊清掃員”というディープな話題でした。

しかし著者のようなコミカルなタッチで描いてくれると非常に読みやすいです。

笑えて、でもどこか考えさせられて。

 

このマンガをきっかけに沖田×華さんのファンになりました!

よしま@

何度も読み返したくなるはずです!

 

🚩>『 漫画タイトル 1巻~最新刊』を今すぐ”試し読み”
※↑ページが移ったら📖アイコンの”試し読み”をタップ

よしま@

スマホで手軽に読める電子書籍サービスなら「ebookjapan」が圧倒的にオススメ!

初回ログインで50%OFFクーポンをゲット
キャンペーンや割引セールで超お得に読める

 

『不浄を拭う人』の解説した各話はこちらでした。

もくじ
  1. カツラの落ちている部屋
  2. 深夜に聞こえる音
  3. 拒まれる部屋
  4. 最期に見たい景色
  5. 困った落し物
  6. ナゾの女性たち
  7. アリ地獄のある部屋
  8. 先輩の言葉
  9. 発見の早い部屋
  10. 真夏の現場
  11. 野口さんと愛ちゃん
  12. (番外編)山田家の息子
 

 

漫画【不浄を拭う人】の評価
ストーリー
(5.0)
キャラクター魅力
(5.0)
画力
(2.5)
世界観
(5.0)
筆者オススメ度
(4.5)
総合評価
(4.5)

 

『不浄を拭う人』のような●系の漫画が好きな方はこちらの記事もオススメです。

 

どうも、@よしま でした!Twitterをフォローしてね!

↓の「コメントを書き込む」からお気軽にご意見ご感想をどうぞ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。