【チ。 ―地球の運動について―魚豊】ネタバレ感想考察|地動説を信じた者たち

チ。 ―地球の運動について―2巻表紙

スピリッツで絶賛連載中の『チ。 ―地球の運動について―』。

地動説に命をかける壮大なストーリに心打たれる話題作になっています。

 

漫画「寄生獣」作者の岩明均さんが絶賛したことで知名度を上げました。

知的好奇心と命をかけて世界を変えるという情熱があふれる作品になっています!

 

よしま@

『チ。 ―地球の運動について―』の大ファンであり、毎月50冊以上の漫画を読んでいる筆者が徹底解説!

この記事を読めば、『チ。 ―地球の運動について―』の理解が深まり100倍楽しめること間違いなし!

>>ネタバレより無料で読みたい方はこちら
↑無料読みできる方法まで読みとばせます。

 


よしま@

もしあなたが無料で今すぐ簡単に様々な漫画を読みたいなら『漫画アプリ』がもっともお手軽でオススメです!

マンガオタクの筆者が無料のおすすめ漫画アプリTOP6を紹介!

『漫画アプリ』なら数百タイトルの漫画があり、無料で毎日最大12話分も読める!アプリをダウンロードするだけなのでたったの30秒程!

 

あのアニメ・ドラマ・映画化した注目漫画から不朽の名作まで!読みたい漫画が必ず見つかる!

今なら初回ダウンロードで最大50話分無料キャンペーン中!
>>【無料】漫画アプリおすすめランキングTOP6

漫画アプリTOP6バナー

漫画『チ。 ―地球の運動について―』とは?基本情報

よしま@

まずは、『チ。 ―地球の運動について―』の基本情報になります!
コミックタイトルチ。 ―地球の運動について―
コミック原作者魚豊(うおと)
コミック作者魚豊(うおと)
出版社小学館
連載誌週刊スピリッツ
主人公阿川大悟
舞台15世紀前半のヨーロッパ
ジャンルサスペンス、ヒューマンドラマ、歴史

漫画タイトルの『チ。』ですが、句点の”。”が気になった方も多いと思いますが、表紙のデザインを見ればわかります。

”。”が地球を表現していて、公転しているデザインですね!

『チ。 ―地球の運動について―』あらすじ

チ。 ―地球の運動について―1巻表紙

チ。 ―地球の運動について―1巻表紙

時は15世紀前半、場所は”P王国”。

異教徒審問官”ノヴァク”の拷問という衝撃的な場面から物語はスタートします。

(↓の画像右がノヴァク)

拷問するノヴァク

『チ。 ―地球の運動について―』1巻から引用

 

ノヴァクは元傭兵ながら異端審問官として、C教の教えに背く異端者を捕まえ拷問します。

P国とC教について解説です。

P王国:ポーランドのことです。

後ほど説明しますが、歴史上地動説を説いたモデルとされる”コペルニクス”の出身国のため、P王国=ポーランド と考えられます。

C教:キリスト教のことです。中世ヨーロッパでは聖書の教えが「正」とされ、地動説のような考えは異端とされ弾圧されました。

 

場面は変わり、学校一の優秀な生徒”ラファウ”は宇宙の中心について答えています。

宇宙の中心は勿論、地球です。
ラファウ

『チ。 ―地球の運動について―』1巻から引用

当時は天動説が常識とされ、C教(キリスト教)の聖書の教えと合致していました。

 

ラファウは学校の教師をしているポトツキの義息で、もともとは孤児でした。

ポトツキ

『チ。 ―地球の運動について―』1巻から引用

優秀なラファウは大学への進学も決まっています。

 

合理的に生きることがモットーのラファウは内心「世界、チョレー!」と感じていました。

 

ある日、義父のポトツキに知人である”フベルト”の身柄を引き取って欲しいと頼まれます。

”フベルト”は「禁じられた研究」で異端者として捕まっていましたが、改心し釈放されるということです。

よしま@
フベルトとの出会いが、ラファウの生涯を大きく変えることになってしまいます、、、。

 

城門前でフベルトを引き取りに言ったラファウ。

フベルトは足を引きずり、口に裂けた傷跡があります。

フベルト

『チ。 ―地球の運動について―』1巻から引用

よしま@
一番初めの描写でノヴァクに拷問されていたのは、このフベルトでしょう。

 

拷問により目が弱ってしまったフベルトは、ラファウに天体観測をするよう脅迫します。

いやいやながら、天体観測に付き合うことなったラファウ。

 

優等生だったラファウは異端とされる地動説の世界に足を踏み入れます。

『チ。 ―地球の運動について―』1巻ネタバレ考察

よしま@

それでは、単行本1巻ネタバレ解説です。

きになった方は、ぜひ漫画を読んでください!とても面白い漫画です!

  1. 初めての地動説
  2. 異端研究(地動説)を信じたラファウ
  3. 投獄されたラファウの最後

初めての地動説

天体観測をしているラファウとフベルト。

フベルトは太陽は動いていない、地球が動いていると伝えます。

続けて、地球は「公転」と「自転」という2つの動きをしていると説明します。

 

そうだな、それを『地動説』とでも呼ぼうか。
地動説

『チ。 ―地球の運動について―』1巻から引用

漫画タイトルにっている「チ。」ですが、地動説の「地」という意味です。

「地球の運動(について)」というのは、自転と公転の運動のことですね。

異端研究(地動説)を信じたラファウ

地動説の聞いたラファウですが、すぐさま反論します。

1つ目の反論が、「地球が動いているならなぜジャンプして同じ位置に戻るのか?」

よしま@
この質問にすぐさま答えられる人は、かなり物理学に詳しい人ですね。

これは、「慣性の法則」で説明ができます。

もし慣性の法則に興味がある人はこちらの記事が理解しやすかったです。

 

そして、ラファウは地動説は誰も支持しないし、バレたら異端者として火刑で殺されると諭します。

 

しかし、地動説に興味を持ったラファウは机に向かい地動説の考えをノートにまとめ始めました。

 

そのノートは、すぐに異端審問官のノヴァクに見つかってしまいます。

ノヴァクはラファウを問い詰めます。

 

そこにフベルトが現れ、「それは私の物だ」

なんの躊躇もなく、フベルトはラファウをかばいました。

 

2回目の異端がバレるとは火刑行きが決まっています。

作中でも語られていますが、火刑は顎の骨を砕けるほどの苦痛ということです。

死刑の中でももっとも辛いと言われています。

よしま@

『チ。』の魅力の一つとして、異端が見つかり死にゆくものの潔さがとてもよく描かれています。

自身の信念を貫き地動説の考えを次に託した者たちは、命乞いなどせずすんなりと死を認めます。

 

”思い”を託されたラファウは、ある山の中に研究資料が隠されていることに気づきます。

その資料を全て燃やそうとしますが、

僕の直感は、地動説を信じたい!!
地動説を信じたい!

『チ。 ―地球の運動について―』1巻から引用

 

ラファウは異端となり命の危機にさらされることを承知で、直感的に地動説を信じることを決心します!

投獄されたラファウの最後

誰にも気付かれないように、地動説の研究を続けるラファウ。

しかし、義父のポトツキに研究をしていることがバレてしまいます。

 

そんなある日、ポトツキの元に異端審問官のノヴァクがやってきます。

よしま@
ノヴァクは、ラファウが地動説の研究をしていることに感づいていました。

 

そして、ポトツキも実は昔に地動説の研究をして、一度捕まっていたことがわかります。

よしま@
つまりもう一度見つかると火刑により死刑になります。

それは、ラファウが異端の研究をしていることを知っていて隠していても同罪になります。

 

ポトツキは悩んだ末、初犯であるラファウを密告することにしました。

 

ラファウは投獄され、ノヴァクに裁判で改心したことを宣言するよう言われます。

そうすれば、決まっていた大学にも進学できると伝えました。

 

前科がついてもまだ人生”詰んでいない”と、言い聞かせるラファウ。

地動説に出会ってしまったことを後悔します。

 

しかし、牢屋についた小窓が差し込む月明かりに気づきました。

宇宙がよく見える、こんなに美しかったのか。

拳を握りしめるラファウ。

よしま@
とても印象的にシーンです。

深く語られているシーンではありませんが、自身をかばって死んでいったフベルトをことを思い出し、地動説を後世に残したいと決意しました。

 

ラファウは裁判で、大学の入学の許可書を破り、地動説を信じていると宣言してしまいました。

よしま@
この宣言は異端を改心しないこととして、拷問を受けるということです。

 

その日の夜、ラファウがいる牢獄に訪れるノヴァク。

拷問前日に与えるというワインを一緒に飲むことになります。

 

ラファウは自身のグラスの中に毒をもり死ぬことを選びました。

ラファウは感動や愛について語ります。

 

ラファウの最後の言葉はぜひ漫画を見てほしいです。

ラファウの遺体は燃やされ『チ。』単行本1巻は終わります。

よしま@

ラファウの死を選ぶことで、地動説の研究資料はC教に見つからず残ることになりました。

残った研究資料が新たな物語をつむいでいきます。

>>無料で『チ。』を簡単に読める方法へ

『チ。 ―地球の運動について―』2巻ネタバレ考察

チ。 ―地球の運動について―2巻表紙

チ。 ―地球の運動について―2巻表紙

よしま@

『チ。』単行本2巻では、1巻の10年後の世界になっています。
  1. オクジーとグラス
  2. グラスの火星の観測記録
  3. 異端者の輸送
  4. グラスの”託した”最後
  5. バデーニ登場、コペルニクスがモデルか?

オクジーとグラス

民間警備組合に所属し、代戦士として働いているオクジーとグラス。

よしま@
単行本2巻はこの二人が中心に物語は進んでいきます。

 

オクジーは、天動説から地球は宇宙の一番底にある汚れた世界だと信じています。

そのため、死後の天国の世界にしか幸せがないと現世を諦めているため、とてもネガティブです。

オクジー

『チ。 ―地球の運動について―』2巻から引用

 

グラスは家族を失い絶望し自殺を図りますが、生き延びてしまった過去を持っています。

グラス

『チ。 ―地球の運動について―』2巻から引用

絶望していたグラスを救ったのは火星の観測でした。

火星の円を描く動きに希望を見出したのです。

グラスの火星の観測記録

飲み屋で火星の話をしてると、隣にいた上級市民の男が言います。

火星軌道の完璧な円環だって?

下級市民の無教養ぶりはうらやましい。

ちなみにこの時代には階級制があり、上級と下級で分かれていました。

 

このセリフは後でわかるのですが、火星は円環しません。

この時代ですでに火星は円環しないことはわかっており、グラスはそれを知らなかったのです。

だから教養のある上級市民が、グラスを笑っていたのです。

 

数日後、グラスは火星観測で火星が止まり、ついには逆行する動きをする火星に愕然とします。

グラス-ありえない

『チ。 ―地球の運動について―』2巻から引用

異端者の輸送

翌日、グラスとオクジーは異端者の輸送警備の業務となりました。

この輸送には、ノヴァクも別の馬車で付いていくことになっています。

 

輸送される怪しげな異端者は、「天国など存在しない、地球は天国より美しい」と語ります。

異端者

『チ。 ―地球の運動について―』2巻から引用

 

異端者は問います。

一生自己否定するか、全てを捨てて自己肯定に賭けるか。

 

グラスは、異端者の縄をほどきました。

異端者を解放する決断をしたのです。

よしま@
グラスは、唯一希望を持っていた火星の動きに裏切られ、この世に希望を持てませんでした。

この状況に異端者の言葉が胸に響いてしまいました。

 

しかし、後ろの場所には元傭兵の異端審問官のノヴァクが乗っています。

ノヴァクはボウガンで狙いを定め、異端者を打ち抜きました。

 

オクジーはノヴァクと交戦することになりますが、生きていた異端者が盾になり逃げることができます。

 

逃げた山中で、石棺に入った地動説の研究資料を見つけたオクジーとグラス。

 

この石棺の中には、異端者が残した手紙が入っていました。

よしま@

その手紙には、「”ポトツキ”の協力があった。」と書いてありました。

自殺したラファウの義父のポトツキです。

ポトツキ

『チ。 ―地球の運動について―』1巻から引用

よしま@
単行本1巻で自慢にしていた義息のラファウが地動説を信じ自殺してしまいました。

あんなにも異端として二度目に捕まることを恐れていたポトツキが、息子の死がきっかけで命がけで地動説に協力していたのです。

 

 

オクジーとグラスは、地動説の資料を修道士”バデーニ”に見せることにします。

”バデーニ”は惑星に詳しく、思想上の禁忌を犯したとして左遷された人物です。

グラスの”託した”最後

バデーニがいる村を目指す道中、突如古くなっていた橋が崩れます。

橋が崩れるオクジーとグラス

『チ。 ―地球の運動について―』2巻から引用

 

落ちる寸前、グラスは続いていくこの世界で希望を託したいと言います。

落ちていくグラスの顔は、希望を見出しはればれとしていました。

バデーニ登場、コペルニクスがモデルか?

バデーニ

『チ。 ―地球の運動について―』2巻から引用

オクジーは一人でバデーニのもとにたどり着きます。

 

バデーニは、知的好奇心がとても高く圧倒的な知力を持っています。

 

しかし、この時代人より優れすぎていることは懲罰の対象でした。

バデーニは天動説の内容に納得がいっていませんでした。

 

能力が高くバデーニは研究を人間に制限されるのが間違っていると考えています。

 

そんなバデーニのもとに地動説の研究資料の場所を知っているオクジーが現れたのです。

よしま@

この二人の出会いはまさに神のおぼしめしと言えますね。

 

ここで、バデーニのモデルとなっている実在する天文学者”コペルニクス”に触れておきます。

コペルニクスは15世紀に地動説を唱えた人物で、バデーニと同じく司祭でした。

 

この地動説の発見は、天文学史上でもっとも重要とされています。

よしま@
『チ。』連載当初は、1巻で亡くなったラファウがコペルニクスのモデルと思われていましたが、バデーニがモデルのようです。

 

余談になりますが、期限前3世紀には”アリスタルコス”という人物が精度の高い地動説を唱えていたことがわかっています。

よしま@

15世紀の約1800年前には地動説を考えていた人物がいたのに、天動説が正とされ大きな力をもっていたキリスト教が弾圧していた歴史的背景があります。

 

「キリスト教は、地動説を弾圧してきた」という内容が作中で語られていますが、史実では”そうではない”という説が有力のようです。

興味がある方は、Wikipediaの地動説を読んでみてください。

 

作者の魚富さんも一部フィクションだと言っています。

そもそも実は史実では地動説を唱えただけではそこまで死刑にはならなかったっぽいです。
ただ完全にセーフかというと、そうでもないっぽいです(それにあの時代に地動説とか言う奴は、だいたいヤンチャなので、人から恨まれたり、信仰的にヤバイ事言ったりする可能性も高かったんだと思います、多分)
ホイッグ史観だけに捉われないように勤めますので何卒よろしくお願いします!

 

 

地動説の研究資料をみたバデーニは体を震わせ嘔吐します。

興奮のあまり吐いたようです。

 

頭のいいバデーニは、オクジーにわかりやすく「地球が動いている」説明をしてあげます。

 

天界は地球と調査している、地球は醜い底辺ではなく高貴だった。

オクジーは希望を持ちはじめることができます。

よしま@

単行本2巻はバデーニが「世界を、動かせ」と言って終了します!

よしま@
【チ。 ―地球の運動について―】の紹介をしてきましたが「今すぐ漫画を読みたくなった」

という方に向けて、無料で最新巻を含む単行本を簡単に読める方法をご紹介します。

【完全無料】『チ。 ―地球の運動について―』を簡単に読める方法

よしま@

『チ。 ―地球の運動について―』を”FODプレミアム”という電子書籍・動画配信サービスで簡単に読める方法を紹介します。

FODプレミアム”は2005年にフジテレビが始めた動画・電子書籍サービスで、ユーザー数300万人、有料会員80万人、アプリDL数1,000万件の業界最大規模の利用数です。

 

今なら『2週間無料トライアル』に登録すると、通常月額888円(税込976円)が完全無料期間中に最大1,060ポイントもらえます。

『チ。 ―地球の運動について―』は1冊550ポイントで購入できます。

↓下の図がとてもわかりやすいです。

FODポイント

 

登録はアカウント作成と決済方法を選ぶだけで2~3分程度、安全かつ簡単で面倒な入力はありません。

2週間の無料期間で解約すれば、料金は一切かかりません

FOD解約方法

『解約方法』はとても簡単、5ステップでたったの1分で解約できました。
FOD解約方法

>>FOD解約方法の詳細はこちら

FODの無料お試し体験の内容

  • 2週間、完全無料で利用できる
  • 無料期間中、最大1,060ポイントもらえる
  • 無料登録は安全かつ簡単2~3分程
  • 解約も簡単、5ステップで1分
  • フジテレビ系中心に4万本以上の動画見放題(ドラマ、アニメ 等)
  • フジテレビ系の最新ドラマ・バラエティの見逃し配信が大人気
  • 人気雑誌含む130誌以上が読み放題
  • 無料対象の一部の漫画が読み放題

よしま@
好きな漫画を読めて、しかも4万本以上のアニメやドラマ・映画が見放題。

自宅や移動中などの時間を有意義に過ごせますね。期間限定のお得なチャンスです。

この機会にぜひ試してみてください。登録も解約もとても簡単ですよ!

>>FODの無料トライアルを試してみる

 

\2週間無料キャンペーン中/

※無料キャンペーン中に解約すれば
利用料金は一切発生しません

 

FODの無料トライアルについては別の記事で詳細に解説しています。

⬆目次に戻る

『チ。 ―地球の運動について―のネタバレと感想まとめ

よしま@

『チ。』のネタバレ考察はいかがだったでしょうか。

読みたくなりましたか?

今後、史実に近い形でバデーニが中心に話が展開していくと思います。次巻の発売が楽しみですね!

 

【無料】漫画オタクの筆者がオススメする『漫画アプリ』ランキングTOP6を紹介!
読みたい漫画が必ず見つかる!

\【無料】厳選6選!今すぐ無料読み!/

漫画アプリTOP6バナー

 

漫画【チ。 ―地球の運動について―】の評価
ストーリー
(4.0)
キャラクター魅力
(4.0)
画力
(4.0)
世界観
(5.0)
筆者オススメ度
(4.5)
総合評価
(4.5)

 

『チ。 ―地球の運動について―』のような漫画が好きな方はこちらの記事もオススメです。

鬼門街KARMA3巻【鬼門街】漫画ネタバレ🤔wikiより詳細にあらすじから最終回の犯人登場まで徹底解説OUT20巻表紙【OUT-アウト】漫画最新ネタバレ|喧嘩強さランキングTOP21🤔!最新刊20巻までの登場キャラダイナー13巻表紙【DINERダイナー】漫画ネタバレ|登場キャラクター15人(最新刊13巻まで)一挙紹介🤔!バウンサー10巻表紙【バウンサー】漫画ネタバレ-最新刊10巻まで|トライや獅子戸が強すぎる!キャラや魅力を徹底解説インゴシマ10巻表紙【インゴシマ】漫画ネタバレ🤔|登場人物キャラ20人を画像付き徹底紹介!無料読みの方法『監禁嬢』9巻表紙【監禁嬢-かんきんじょう】漫画ネタバレ🤔|カコの正体判明で衝撃の結末・最終回!最新刊9巻まで解説ギフト19巻表紙【ギフト±プラスマイナス】漫画ネタバレ🤔|最新刊19巻まで!最終回はどうなる?徹底考察『ジンメン』単行本13巻【ジンメン】漫画ネタバレ🤔|最新刊13巻で完結!気になる結末・最終回は?人面アニマルグロホラーv【空腹なぼくら】ネタバレ感想🤔|最終回・結末はどうなる?新感覚ゾンビ漫画

 

どうも、@よしま でした!Twitterをフォローしてね!

↓の「コメントを書き込む」からお気軽にご意見ご感想をどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。